剣道とキリスト教

面ー鍔受け面(2本) 2022 0816

地稽古の中での「面ー鍔受け面」です。

2本打ちましたが、一本目は面の右に外れました。
2本目は、一本となったようです。

「面ー擦り上げ面」の1つとしての「面ー鍔受け面」は、あくまでも「真っ直ぐに」振りかぶり、「真っ直ぐに」打ち下ろすことが肝要のようです。

相面で、自分の面打ちが少し遅くなる傾向(ある程度、振りかぶっているため)の場合は、この「面ー鍔受け面」も、体得しておくと良いかもしれませんね。
 
・写真:一本めの擦り上げで、鍔で受けた瞬間

面ー唾受け面_2022-0816

ーーーーー

火曜日(8/16)の地稽古で、あらためて悟ったことです。

「真っ直ぐに!」

94歳の師範から教えていただいた「剣道の奥義」。
生活全てに適用できるものですね!

・庄司典雄師範による 面、小手、胴打ちの教え_2018-0511

 
https://youtu.be/CQya_mWaBN8

もちろん、キリスト者としても。
 
ーーーーー

面返し面・小手張り面 2022-6/21

面返し面・小手張り面 2022 0621


久しぶりの剣道の練習。(動画:26秒)
 
「面擦り上げ面」と「小手張り小手面」を打ったのですが、技の尽きたところを先生の面をいただきました。

一本目:「(面)擦り上げ(返し)面」
    → 先生の「面(面)刷り上げ面」

二本目:「(小手)張り小手面」
    → 先生の出小手に対して、両手首を内側に捻っての「張り」が少し浅かったので、
      鍔元で受け止めきれていなかったかも?

三本目:「面」(先生の擦り上げ面)
    → 先生の「(面)刷り上げ(切り落とし)面」

課題の「出小手ー張り(擦り上げ)面」

課題の「出小手ー張り(擦り上げ)面」


昨日(4/19)の剣道の練習。

久しぶりに、本部道場代表のT先生と練習。

最後は、息切れでだいぶへばっていました。

1、2本は面打ちが決まったのですが、あとは、仕切り直しごとに全て一本(何本も!)打たれました。
 

課題としていた「出小手ー張り(擦り上げ)面」は、何とか一本だけ打てたようです。

剣道_鳥井先生と_2020-0419

ーーー

4/9(土)の「大阪公立大学体育会剣道部発足記念会・稽古会」でいただいた、手ぬぐいを初めて使用。
記念の手ぬぐいは、剣道修行のために練習で使うことにしています。
(^^)//
 

大阪公立大学_剣道部-手ぬぐい_2022-0419 IMG_4624







面ー鍔受け面(擦り上げ面)


面ー鍔受け面(擦り上げ面)_2021-0720

地稽古の中で、2本の「面ー鍔受け面」を打ちました。 (動画:38秒)

先生の鮮やかな「出小手」の後に、2本目の「面ー鍔受け面」を打ったのですが・・・、もう少し正面(中心)を打ち抜くような打突を心がけたい、と思わされました。 
0:04  面ー鍔受け面(1本目)
0:12  先生の出小手
0:27  面 ー鍔受け面(2本目)






「面ー摺上げ面」のなかで、わずかに遅く真っ直ぐに擦り上げると、相手の面を<鎬と鍔>で受ける形になりますので、そのまま正面を打ちます。

ただし、面打ちのタイミングによっては、こちらの面打ちも、相手の鍔で止まってしまう場合もあります。

「面ー鍔受け面」も剣道の技(摺上げ面)の一つとして磨きをかけるのも良いのでしょう。

ーーーー
 
「面ー鍔受け面」
なお、「面鍔受け面」として見た場合は、通常、竹刀をわずかに斜めにして「鍔元(つばもと)で受けてから面打ちに入ることが多いと思いますが、「相面(あいめん)」の要領で、竹刀を真っ直ぐに振りかぶって、そのまま面打ちに入ると、<鎬と鍔>で、真っ直ぐに相手の竹刀を受けながら、「正面打ち」に入れます。



面打ちー2本_2022-0110_稽古始め

面打ちー2本_2022-0110_稽古始め_市民体育館


1/10 は、市民体育館での「稽古始め」に参加。
子どもたちの練習相手(写真)をした後、一人の先生と練習。

剣道-稽古始め_2022-0110_市民体育館
 
・最初の面打ち:
ほんの僅かに面打ちのタイミングが遅かったので、「切り落とし」ができずに、先生の面打ちの剣にはじかれてしまい、<面一本>をいただきました。
「切り落とし」は、攻めたままで打たないと決まりません。
 
・2番目の面打ち
最後は、攻めながら思い切っての正面打ち。
私の場合は、微妙に相手の剣の裏から入っているようです。



正面から割って入っていくような正面打ちを会得したいですね。